FC2ブログ
主にFX関係のことについて、自由気ままに綴ります
米国の4月小売売上高は予想前月比+0.7%のところ前月比+0.5%、また5/7までの週の新規失業保険申請件数は予想31.5万件のところ32.4万件でした。
以上抜粋
まだ、ドル弱そう。
今日はここまで。
スポンサーサイト



ごはんも食べてきたし、2時間分の相場チェック。
111.08ではねかえされってますね。
やはり、21:30までは111.00がサポートラインでしたか。
(111.30からは入りたくなかったので取引はしませんでしたが)

ポンドまだ伸びてるよ。
サポートは111.00かなぁ!?
まだドルは安そうだから110.00台いってくれれば昨日のやつ決算できるからありがたいんだけど。
ドルさがったなぁ。
それにつられユーロ・ドルも上昇してるなぁ。
ポンドかいてぇー
18:00
ドル重いなぁ。
レジスタンスは111.50!?

18:05
難しい。
ドル↓としか思えないが・・・
ユーロ・ドル上がってきちゃったよ(1.2717)。
(10分前に07で決算したばっか)

18:10
よし、
21:30 (米) 4月小売売上高
21:30 (米) 3月企業在庫
21:30 (米) 5/7までの週の新規失業保険申請件数
に向けてすこし休憩。
ポンド上昇してるなぁ。
鉱工業生産-3月:0.7%(予想:0.2%)
製造業生産高-3月:0.7%(予想:0.2%)
だったからだけど自分の短期取引通貨じゃないからしょうがない。


【売買結果】(NY時間で表示)
番号 仕切日時 チッケト 通貨 売買 ロット 建値 建時 仕切値 グロス損益 区分
1 05/10/2006 04:29:54 2071817 USDJPY B 1 110.70 05/10/2006 03:22:32 110.90 ¥20,000 Close
2 05/10/2006 07:41:15 2072109 EURJPY B 1 141.50 05/10/2006 04:52:28 141.30 -¥20,000 LimitProfit
3 05/10/2006 12:14:06 2073367 EURUSD S 1 1.281 05/10/2006 11:32:55 1.2794 ¥17,690 Close
4 05/10/2006 13:12:29 2073447 EURUSD B 1 1.278 05/10/2006 12:33:23 1.279 ¥11,039 Close
5 05/10/2006 14:25:39 2073498 USDJPY B 1 110.39 05/10/2006 13:21:15 110.52 ¥13,000 Close
6 05/10/2006 14:47:36 2073543 USDJPY S 2 110.26 05/10/2006 14:11:13 110.25 ¥2,000 Close
合計: ¥43,729

【反省】
FOMCの前に練習のため数回取引をした。
1番目がうまっくいったためすぐに2番目の取引をしたが損切りが遅かった。
3、4番目は無難に取引ができた。
いよいよ、FOMC直前。
トレンドが下げだったのでショートの予定だったが何となく上がるとの判断からロングにした。
しかし、FOMC直前の下げに高レバレッジから耐えきれない可能性があったためやむおえず両建て(6番目)。
上下動でうまく決算する方法にした。結果、うまくいった。

その後、「半期為替報告書」で大失敗。
取引をしながら寝てしまい両建てのショートが決算されずじまい。110.29と今となってはとんでもない位置で保有。
とりあえず、欧州勢が、ドルの買い戻しに加わるのか戻り待ちのドル売りスタンスを維持するのかを見極めたいです。

結局、今日の株取引は前場ねていたため後場のみとなっちゃいました。

【スワップ】
¥16,611

【現在のポジション】
USDJPY 51万(内両建て20万)
NZDJPY  3万
EURUSD  6万

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ
「強いドル」は米国の国益
いいコメントだぁ。
中国を「為替操作国」と名指しせず
中国は為替操作国という定義に一致せず
中国の人民元相場での前進は極端にのろい
中国の人民元相場での進展を注意深く監視する


とりあえず、ロスカットはなさそうです。よかったぁー。

微妙に上がって来てますね。
さぁ。気合入れて頑張ろう。
なんせ、レバレッジ利きまくってるから上手に取引しないとすぐにロスカットなんですよ。

FOMC

FOMCは予想通り政策金利を0.25%引上げ、5.00%にする事を決定。注目の声明では「更なる引き締めは、なお必要かもしれない」とし、前回と同様の見通しを示した。今回の声明に特にサプライズとなるような文言はない。ただ、「引き締めの幅、タイミングは(経済)見通し次第」とし、次回(6月29日)での利上げに関しては現段階では判断しない旨を示した。言い換えれば、今後の経済指標が今まで以上に重要になるという事。それ故、今後の指標次第では次回据え置きという可能性もあり得る。この後日本時間29:00に「半期為替報告書」が発表される。
以上抜粋
これをそのまま受け取れば、本日中の109円台はないと思われるが上げた後のあの下げからすると周りは下がることを期待していたように思いました。
とりあえず、「半期為替報告書」の発表までゆっくり休もう。