主にFX関係のことについて、自由気ままに綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4営業日ぶりに大幅反発し前日比491円43銭高い1万5135円69銭で1万5000円台を回復しました。
前日の米国株高を考慮しても500円近くの反発は私が思っている以上に強かったです。

応援のクリックお願いします。
外為ランキングにほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト
15,500を割ってますね。

ハイテク関連は軒並み下げてますね。
持ち越すんじゃなかった(>_<)

応援のクリックお願いします。
外為ランキング

11日の米国株式相場は大幅安。原油高やインフレ懸念からダウ工業株30種平均は朝方から売り込まれ、正午(日本時間12日午前1時)時点では前日比109ドル82セント安の1万1532ドル83セントとなった。ドルも売られ、1ドル=110円台前半で取引されている。
以上抜粋
今日の日経弱そうだなぁ。
基本的に私は売りから入らないので今日の取引は見送りだな。
東京証券取引所は20日、ライブドア事件をきっかけに1月から実施している取引時間の短縮措置を24日に解除すると発表した。
ようやく、通常に戻りますね。

17:30くらいにもまた、ブログが表示されなかったみたいですね。
pingも飛ばないし・・・

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ

応援のクリックお願いします。

日経平均が2000年9月1日以来、約5年7カ月ぶりに1万7000円台に乗せました。
私は、株もするのですがイマイチ、センスがなく困ってます。
昨年みたいに上がり続ければいいんですが。。。

為替の情報はこちらから

量的緩和解除の影響か平均株価が上がりましたね。
ついに、1万6千円台(^0^)
私は、量的緩和解除の憶測から上がったと考えています。
確かに、ゼロ金利にはつながらないため相場には関係しないというのが原則です。それゆえ、長期的に見れば相場には関係しないでしょう。
しかし、量的緩和解除は景気が上向いていること。近くゼロ金利が解除されるとの見通しから投資家に与える影響は多少なりともあり短期的に見ればそれに伴う上昇だと考える方が妥当だと思います。
かかる解釈からすれば量的緩和解除は長期的に見れば相場に影響はないが私の様に短期で取引している人にとってはかなりの影響があったものと考えるほうが妥当だと結論付ける事ができます。

明日は反発して下がるか。それともなお上がるか。
今夜、いろいろな情報をみて判断したいと思います。
インテリジェンス も購入 そして売りました。
ちなみに 株の収益はこのブログの「ただいまの金額」に考慮してません。
1万6千円割れちゃいましたね。
現在、ISIDとソフトバンクを保有しているのですが
ソフトバンクは前日比-160かぁ。
4000円に乗るまでとりあえず今週は待とう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。